プロフィール

こんにちは、プロフィール訪問してくださりありがとうございます。自分がどんな人間なのかを簡単に書いておきます。

1995年生まれの22歳。現在はベルリン工科大学と自由大学にてメディアとコンピュータサイエンスの学生をしています。

0-10歳

愛知県名古屋市で生まれ育ちました。幼稚園の頃から危ないと言われているのに、登り棒で一番上までいってしまったり、鉄棒でくるくるしていたり、とにかく体を動かすことが大好きでした。名古屋市の小学校は4年生から部活が始まるのですが、夏休みなんかは朝7時ラジオ体操からの8:00-12:00野球部の練習13:00-15:00陸上部の練習、そのあと友達と市民プールで18時まで遊んでるような元気すぎる子でした。そのおかげで肌の色が今でも平均より黒いです。

11-15歳

父親の仕事の関係で小学校5年生終わりから中学校卒業まで神奈川県横浜市で過ごしています。比較的新しく開発された街で、なんというか、育ちが良い子が周りにたくさんいたので、同じ日本でもこれでも違うのか!と幼いながら衝撃を受けた記憶が今でもあります。

小学校6年生の時クラスの半分くらいが中学受験をするような公立小学校だったので、自分も中学受験を考えたがやめて普通に公立中学に進学。中学卒業後に父親の仕事の都合でまた名古屋に戻ることになる。高校受験が愛知県になったことで絶望したこともあるくらい横浜というかその時の友達や環境が好きでした。なぜか先生たちに好かれるキャラだったので中学の成績は常に良かったため、国立の豊田高専を推薦入試で合格し、翌年入学します。なんだかんだで根は真面目だと、深ーく話した人からは言われます。

詳しい経緯はこちらから

高専を卒業しました。6年間を振り返ってみる第一弾

2017.03.22

15-17歳

名古屋に家族で引っ越したのちに、豊田高専の学生寮に入寮しました。ここでもなんというか横浜と愛知のノリの違いについてけず、自分がとった行動は、あえて悪っぽく見えせるってことでした。今となってはかっこ悪いなあと思うのですが当時の自分はかっこいいとか思っていた部分があります。笑 この時ぐらいから、身にまとう雰囲気にもどことなくチンピラ感がでてきます。

高専を卒業しました。6年間を振り返ってみる第3弾

2017.07.28

17-18歳

高専を受験すると決めてからずっと目標だった1年の高校留学行いました。行き先はスイス。英語は勉強していたので少し話せましたが、スイスで使われているのはドイツ語で日本にいた時、ドイツ語の勉強の仕方が全然わからず、放置していたので、スイスについた時は本当に何も理解できませんでした。

しかし、周りの人に本当に恵まれました。1年間語学面のみならず本当にいろんなものを見られて、そしてすごく考えさせられる時間を過ごしました。今でもスイスの友達・家族とは関わりがちゃんとあります。この経験がなければまずドイツの大学に通うという選択肢はでてこなかったと思います。仮にドイツの大学が授業料無料等の良い部分を知っていたとしても。

18-19歳

スイスに帰ってきてからすぐにHLABというハーバード大を卒業した日本人学生が立ち上げたサマースクールに参加しました。スイス留学後は超絶意識高い系だったので、ハーバードとかケンブリッジとかプリンストンとかそれはもう海外大ランキング常連の大学に通う大学生と話せて、みんな魅力的でやべえ俺もアメリカ行きたいってなりました。すごく単純。

そのあとは学校生活に普通に戻ります。居心地が悪くてやめてえって思っていましたが、ここでもやれることはあると切り替えて、いろんなことに手を出しました。いわゆる本当に意識高い系(笑)です。この当時は、日本の大学に編入して院で海外に行こうとか考えていました。

20-21歳

ふと突然、原因不明のめまいによりぶっ倒れました。意識高い系だった僕はバイトもして、休みにやることのプランを立てて、毎日3時間とかの睡眠時間で本を読んだり、勉強したりしてました。原因は今でもわかってないのですが、おそらくこのような生活習慣によるストレスだったと思います。健康って大事よねって思い知ります。

翌年はさっき書いたHLABに大学生側として運営に関わります。この年はいろんな所に行きました。父親がブラジルで働いていた関係もあり、南米に行ったり、もう一度ヨーロッパに行ったり。年に30回くらい飛行機乗ったので、飛行機に乗るっていうワクワク感が消え去ります。なんか大人になった気分でした。

多くないアルバイトの貯金でどこ行こうかをずっと考えていたので、安く旅行する方法をはじめ海外情報を大量に調べてました。そしてこの時から学部から海外の大学行きたい!となりそこで候補に上がってきたのがドイツです。

色々調べているうちにドイツの大学いける可能性全然あるって判断したので、高専卒業後の進路としてドイツの大学を選択、時期的に受験は高専卒業後だったので周りからはこいつ大丈夫か?って思われていたと思います。2017年3月に高専を卒業し、現在に至ります。

こんな感じです。お手柔らかに。。